通販型自動車保険とは

自動車に乗っている人にとって欠かせないものが、自動車保険ですね。
自賠責はもちろんのこと、任意の自動車保険にもしっかり加入しておけば、万が一のときにも安心です。
昔は、自動車保険というと、代理店の窓口で申し込んだり、保険のセールスマンの人が来たりという風に、相手と向き合って加入をするというのが一般的でした。
しかし最近、新しいタイプの自動車保険が登場して、話題となっております。
それは、通販型自動車保険です。
通販型自動車保険というのは、ここ最近テレビコマーシャルなどでも頻繁に宣伝されるようになってきました。
そのため、認知度もかなり上がっています。
しかし、通販型自動車保険とは何かというと、それを答えられる人はさほど多くはありません。
通販型自動車保険というのは、基本的にはインターネットや電話で保険会社と契約をするタイプの自動車保険のことです。
前述したように、従来の自動車保険というのは、保険会社の代理店があり、そこが窓口となって契約を取りまとめていました。
しかし、通販型自動車保険の場合、基本的には窓口はありません。
基本的にというのはなぜかというと、通販型自動車保険の中でも代理店を持っているところはあるからです。
しかし、メインの契約方法といえば、インターネットや電話です。
では、通販型自動車保険のメリットというのは何なのでしょうか。
それは、月々の保険料が安いということではないでしょうか。
通販型自動車保険の場合、代理店を持っておりません。
どの商売でもそうですが、関係してくる人が多ければ多いほど、そのたびにマージンを取られます。
マージンの分は、私たちが支払う毎月の保険料に上乗せされてきます。
一方、通販型自動車保険は、ダイレクト型自動車保険とも言います。
つまり、保険会社と契約者が直接契約をするのです。
これによって、業務が極めて効率化されます。
業務の効率化によって、月々の保険料は安くなる傾向にあります。

シルバーのトイプードルブリーダー
トイプードルと過ごす至福のひと時