ソニー損保

通販型自動車保険の中で、現在もっとも勢いがあるのが、ソニー損保の自動車保険です。
最近では、ゴールデンタイムにテレビコマーシャルも行っております。
会社の勢いが伺えますよね。
では、ソニー損保はなぜそんなに人気なのでしょうか。
ソニー損保のホームページを見ると、その回答が記載されているので、それを見てみます。
実際に契約した人に、その理由を複数回答も可能な形で聞いております。
もっとも多かった理由というのは、代理店型から通販型の自動車保険にしたほうが、保険料が安くなるから、です。
実に52パーセント以上の方が、このように回答しております。
確かに、いざというとき以外には、自動車保険というのはただお金を払っているという意識しかありません。
それならば、普段の負担も少ないほうがいいですよね。
次に多かった理由が、走行距離による保険料の設定方式です。
回答率は45.9パーセントです。
ソニー損保のテレビコマーシャルを見ていると、「保険料は走る分だけ」というキャッチコピーが耳に残ります。
この設定方式は、普段あまり車に乗らない人には、特に人気の高いポイントです。
その次に多かった理由は、サービスが充実しているということです。
通販型自動車保険の場合、代理店型自動車保険と比べて、特にロードサービスの点で充実度が違います。
ロードサービスは、代理店の手数料がかからないのはもちろんのこと、交通費や宿泊費まで場合によっては負担してくれます。
これは非常にありがたいですよね。
これと並んで、回答率34.9パーセントだったのが、事故対応がよさそうということでした。
代理店型自動車保険と比べると、確かに担当者の方が事故現場に来るというのは、通販型自動車保険の場合にはありません。
しかし、電話口での対応というのは、実に迅速丁寧で、安心感もあります。
書類手続きなども非常に簡単に済みます。
他にも、イメージがよいという理由や、売上ナンバーワンだからというような理由もありました。