安さの代償は大きかった

自動車保険の更新をきっかけに、今までとは違う保険会社に入りなおしました。
通勤で毎日運転していますが、運転暦15年のゴールド免許を所有ということもあり、事故の心配はあまりありませんでした。
保険料が高いということもあり、金額がお得な通販型に切り替えました。
保険の負担か軽くなり、安心していた矢先のことです。
接触事故にあいました。
幸いにも怪我はなかったのですが、車体が大きくへこんでしまいました。
いわゆる『もらい事故』です。
このとき保険を利用することになったのですが、対応の遅さにびっくりしてしまいました。
保険会社とは電話とメールでのやり取りだったのですが、私の住んでいる地域に支店が無いということもあり、1つ1つの手続きに時間がかかってしまったのです。
後日友人に話を聞いたところ、友人が事故にあった際は約1週間ほどで全ての手続きが完了したのに対して、わたしの場合は約半月ほどかかってしまいました。

東京トヨペットでラクティスの中古車特集はコチラから

また、ネットで調べてみると、私のようなケースは珍しくはないようです。
通販型に加入のネット操作ミスにより改正の手続きが出来なかったというケースもあるようです。
保証内容や保証される金額など、内容に関しては大きな差は無いように感じます。
しかし、事故がなかなか解決しないという現状は私の中で大きなストレスとなりました。
今まで支払い続けていた保険料よりも安いという条件に引かれて加入した保険ではありましたが、これをきっかけに、お金では解決できないことを学んだような気がします。