「いざというとき」の自動車保険の評価

自動車保険を変更したい場合などの対応なども、通販型自動車保険と代理店型自動車保険では、対応が異なってきますね。
ではその他の点ではどうでしょうか。
自動車保険というのは、やはりいざというときどう対応してくれるかというのが、本当の評価です。
ここでは、そのいざというときの対応について見ていきます。
まずは、事故が発生したときの対応です。
できることならば、こんなシチュエーションというのは想像したくはありません。
しかし、自動車保険に加入しているからには、このシチュエーションも考えておかないといけないのです。
まず、代理店型自動車保険の対応です。
まず、事故を起こした、もしくは事故に巻き込まれた契約者は、保険代理店に連絡をします。
すると、電話口には自分の担当の人が出てくれます。
いつも聞いている声の人なので、精神的に少しほっとできるという評価もあります。
担当者によっては、現場まで来てくれる場合もありますが、夜であったり遠方の場合には、基本的に来てくれません。
次に、通販型自動車保険の対応です。
通販型自動車保険の場合には、直接保険会社に連絡をします。
保険会社の人が対応をしてくれます。
インターネットや電話で相談をしながら対応を決めることが可能となります。
事故直後の現場には、基本的に保険会社の人は来ません。
少し心細いとの評価もあります。
次に、ロードサービスについてです。
事故でなくても、車が故障したりすると、ロードサービスを頼むこととなります。
代理店型自動車保険の対応はどうなのでしょうか。
代理店の手数料が、通常のロードサービス料金に上乗せされますので、料金は高目となります。
サービスに関しては、ごく標準的です。
では、通販型自動車保険の対応はどうでしょうか。
通販型の場合には、代理店を通さないので、代理店手数料は不要です。
手続き方法も、ネットや電話、書面でできますし、サービスも充実しています。
中には、交通費や宿泊費も出してくれるところもあります。