自動車保険は補償内容と価格で選ぶことが大事

自動車保険に加入する時、真っ先に「値段」で決めてしまう人が多いような気がします。
一度事故に遭ったり、事故を起こしたりしたことがある人は、値段だけでなく、補償内容が充実したものを選ぶ傾向にありますが、一度も事故やトラブルを起こしたことのない人は、あまり事故やトラブルについては自分には無縁と思ってしまうようで、ついつい補償内容よりも値段を重視してしまうようです。
もちろん、値段はとても大事です。
どんなに手厚い補償がついていても、ビックリするような値段の保険には加入したくないのは誰でも同じことです。
しかし、補償内容が充実していない格安の保険に入っても、意味があるのかは今一度考えてみた方が良いと思います。
自動車保険は何のためにあるのか?は、まさしく、そういった「万が一」の時に保険内容だけで十分補償やサポートをしてくれることにあります。
私も、以前、一時停止線で停止していたところ、内側に入ってきた右折の車にぶつけられたことがあります。
こちらは確実に停止していたのに、相手側は「進んでいた」と言い張りました。
初めてのことだったので、動転していたこともありますが、保険会社が結局相手側の保険会社の言い分に負けてしまい、こちらに責任があるような結果になってしまい、腑に落ちませんでした。
弁護士費用なども入っていなかった保険内容でしたので、相手側との示談にとても時間が掛かりました。
それ以来、私は自動車保険は補償内容と価格のバランスが取れたところを選ぶようにしています。

神奈川で中古車特集はコチラ